株も確定申告が必要なの?

株取引や株式投資には法人化がおすすめ!

今の時代、株取引をする方は少なくありません。数的には増加傾向にあるといえます。以前は、個人で株式投資をされている方もおられたでしょう。今、傾向はかわってきています。株取引を含めた株式投資の節税をどうするのかが意見の分かれ目ではないでしょうか。個人として資産運用を行うのか、または法人として資産運用を行っていくのか十分な検討をしなければなりません。今、ネット情報の中で、株式投資の節税を法人化することをすすめるホームページが目立ってきました。法人化というのは、株取引を法人を設立した上で行っていくこととされています。節税対策をされていなければ、株式投資する上で売買益や配当にかかってくる税金は前年の2倍になるといわれています。例えば、前年が8%だったとすると、今年は16%となります。これでは困りますので対策をする必要があるでしょう。最も良い対策としてあげられている法人化を一度考えてみてください。投資する上で会社を設立しましょう。今まで毎月、個人で支払っていた支出を会社の経費として支払うのです。そのような流れで利益を圧縮することができます。また法人は、個人以上の人数であるため、組織と表現することもできます。それは家族でも同様なことです。自由に役職にもなれますし、株主にもなれます。会社で得た利益を報酬や所得の少ない家族の利益とすることで税金はより小さくなります。さらに投資の中で失敗や損失があったとしても最長9年の繰越しも可能とされています。期限切れのリスクも少なく、将来節税するための資源としても活用できるでしょう。今現在、会社設立や法人化に対して一貫したサポートをしていただけ、また投資にも詳しく事務処理まで安心して任せられる会社も増えています。今、法人化を考えてみられてはいかがでしょうか。