株も確定申告が必要なの?

投資育成された株よりも新日鉄住金株価のほうが安定

株は銘柄によっても値動きというのが異なるものであり、大きく上下に乱高下するものから業績が安定している一方で伸びしろもないことから横ばいの銘柄もあれば、業績が頭打ちで市場から放置をされていて底値圏で全く動かないものまでと様々です。
大きく動くものはそれだけ大きな利益を手にすることができる可能性の高い一方で、損失の可能性も高くなってしまいます。

このような銘柄はどのようなものにあるかというと、投資育成を受けて企業として成長をして上場した企業に多い傾向にあります。
投資育成をする側というのは慈善事業で投資を行っているわけではなく、投資した結果としてその見返りを得るために投資育成をしています。
そして、投資育成行った側が大きなリターンを得ることができるタイミングというのが、上場をしてきた時であり安値で株をたくさん保有しているので、それを市場で換金すれば莫大な利益を手に入れることになるのです。
しかし、これは投資育成をした側としては利益が大きくても市場の参加者からすれば、巨大な売り圧力があるということであるため、このような企業の株は将来性が高くても上下に大きく動きやすいものとなってます。
一方、新日鉄住金株価が安定している理由としては企業として成熟していて大きな伸びしろもない一方で、業績も堅調であることから新日鉄住金株価は安定した動きをしやすいものとなっています。
もうひとつ、新日鉄住金株価が安定している理由としては投資育成をされた企業と違って安値で株を大量に保有しているという存在がなければ、すぐに換金しなければ行けない大株主の存在も少ないことで大きな売り圧力が出づらいことで株価が安定しやすいものとなっているのです。