株も確定申告が必要なの?

アマダ株価とツイッター株価の株式買うにはチャンス

ここ数カ月で株価が軟調に推移している株式として、アマダとツイッターが挙げられます。アマダは日本の大手金属機械メーカーですが、世界的な設備投資への減速感から業績への影響が懸念されています。そのため、アマダ株価は7月末の1350円から下落をしてきて、現在は1000円付近で底ねりをしています。しかし、アマダ株価は1000円を割ることなく、押し目買いが入ってきている状況が出ています。アマダでは収益の大半を株主に還元する方針を打ち出しているため、配当性向が非常に高いです。その結果としてアマダ株価が1000円近くになってくると、配当利回りが3%を超える状況が生まれます。配当利回りが3%を超えると魅力的な金融商品となることから、すかさず押し目を拾う動きが投資家に出るものと思われます。さらに長い目で見ると、世界的な設備投資は増えていく傾向にあることから、今のアマダ株は買い妙味が高いとも言えそうです。一方、ツイッターは簡単につぶやきができるソーシャルメディアを運営していますが、直近の業績の低迷が懸念されている銘柄です。そのため、ツイッター株価は4月の52ドル台から急落をして、現在は25ドル付近になっています。よって、ツイッター株価は数カ月で半分になったことになります。これまでツイッター社においては多くのユーザーを世界に抱えていましたが、確たる収益構造がないのが弱点でした。しかし、最近では広告プラットフォームを広げたことで、広告収入を拡大していける目処が立ってきています。また、大手の検索エンジンにツイッターが統一されることで、今後のアクティブユーザーが増加していくことが期待されています。したがって、ツイッター株価は近い将来、底打ちをして反転していく可能性があり、今のツイッター株は買いとも言えそうです。